FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルル登ったよ♪

6月3日(水) 晴れ

6:25 今日もホテルのロビー集合

今日のツアー後、ケアンズに戻ります。
チェックアウトを済ませて荷物をホテルに預けました。

ウルルサンライズ会場到着

めっちゃ寒い!!!!!!
東京の1月、2月と同じくらいの気温

でも今日は、めっちゃステキな朝日に反射するウルルが見れた
IMG_0814.jpg
同じホテルで同じ部屋のアユミちゃんと一緒に。

今日のサンライズは7:25分、
その5分後の7:30が一番キレイなウルルが見えるらしーです。
IMG_0818.jpg
↑これが7:30のウルル


8:00 ウルルの登山ゲートが開いた
IMG_0820.jpg
朝からゲートが開くのは11日ぶり

8:11 登山スタート
IMG_0821.jpg

つーか、めっちゃ急勾配の岩場だよぉ
IMG_0822.jpg

怖いけど、まだまだ余裕
IMG_0824.jpg
だって、心の中では「あともうちょっとで下に戻ろう」って思ってるんだもん。
登る気なし(笑)

そー思ってたらアユミちゃんが あまりの恐怖さに絶えられずギブアップ
彼女、高所恐怖症なんだって


じゃあ、「アユミちゃんの分も頑張ってくるよ!」なんて言って登ることにした。

チェーンが植えつけられてる位置まで登ってこれた!
IMG_0828.jpg
まだまだ余裕

とか思ってたら、、
IMG_0829.jpg
チェーンになった途端キツイ!ヤバイ!

一気に余裕ゼロ

下を見たらもっと怖い
IMG_0837.jpg

チェーンがある場所は、本当に急斜面でめっちゃめっちゃキツイ!

30、40秒くらい歩いて2、3分 休憩ってゆー、かなりスローペースで登った
IMG_0843.jpg

ギブアップ寸前のchillax
IMG_0839.jpg
あのね、意外とチェーンが太くて、握力が無いアタシからすると握るのも疲れるの

気がつくといつの間にか、周りには誰もいないし。。。

でも、ちぃちゃんだけが一緒にスローペースに付き合ってくれた

ちぃちゃんは山登りが趣味なので
色んなアドバイスをくれて心強い!

たぶん、ちぃが居なかったら登ってなかったかも
(つーか、ギブアップまちがいなかった)

40分くらいかけて、やっとチェーンの無い位置まで到着
IMG_0851.jpg
ここで、ゆっくり休憩
IMG_0852_20090712003049.jpg
「トレビの泉」的なコインを入れて願いをかけるんだってー
IMG_0861.jpg
無事に登れますようにってね

ヨシッ!ここからはチェーンのない尾根道
P6030733.jpg
白線にそって歩いていく

最初は やや平坦な道が続くから余裕
P6030728.jpg
途中からすんごい坂が何個かあって、またまた恐怖の時間がやってきた

雲海だぁ!すごーーい!
IMG_0867.jpg
頂上より雲が下がってきたらヤバイんじゃなかったけ…?
たしか、登山禁止項目に書いてあったよーな
でもキレ~イ

あぁぁぁ、頂上がみえてきた
IMG_0881.jpg

ここまで来たら、あとちょっとです。

そして、いよいよ

やったぁー
IMG_0894.jpg

9:40 約1時間半かけて頂上到着
IMG_0889.jpg
IMG_0896.jpg
ここまで登ってきて思った事は「軍手は必須!」
あと、靴も絶対に履きなれたサイズのあったものじゃないと怖いってこと!
なめたらダメです!

本当に命がけの登山でした。

下りは楽しい♪
IMG_0900.jpg
日本から来た おじちゃんやおばちゃん達と
スローペースで和気あいあい

途中、かなり急な坂もあるけど、小股でゆっくり歩けばOK
(ちぃのアドバイス)
IMG_0899.jpg

IMG_0905.jpg

P6030738.jpg

10:46 下山成功!!!!!
IMG_0913.jpg
やったぁー、やったよーーーー

約1時間かけて降りてきました。

往復で約2時間半

かなりゆっくり、休み休み登ったので思ってたより全然疲れなかったです

真夏は45℃の中、登ることもあるんだってー

(゚ロ゚)ムリ(゚ロ゚)ムリ(゚ロ゚)ムリ

チェーンや岩場も熱くなって頼りになる物に触れないなんて怖すぎる。。

あ、でもガイドさんいわく
チェーンは子供でも掴めるように低く出来てるので
持たないで登ったほうが逆に登りやすいらしーよ。

今回は、暑くも寒くもなく 適温で良かったぁ~
しかもハエが一匹もいなくてラッキーだったしね♪

最後まで買うか迷ったハエよけネット
IMG_0350_20090712005522.jpg

追記
エアーズロックことウルルは、アボリジニ族にとっては聖地です。
観光客がウルルに登ることを良く思ってないそうです。
それは、彼らにとって神聖な場所でケガ人や死者を出したくないという思いからです。
登る時は、ケガや事故には十分気をつけて敬意を持って登りましょう
(一部ウィキペディアより)


だそうですよ!
私達も、もちろんこの事実を受け止め敬意を持って登り地球のエネルギーを沢山感じてきましたぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

写真、すごいきれいだね。私もいつか行ってみたい場所だよ。
でもなんかのニュースで読んだけど、今後登山禁止になるかもって・・・
聖地に立ち入られるのがイヤみたい。そりゃそうだよね。

Re: No title

saeちゃん♪コメントありがとう!
そーなの、今後登山禁止になるかもなんだってね。
アボリジニの人達の事を思うと登った事とか複雑だよ~
プロフィール

Chillax@めざせ世界一周

Author:Chillax@めざせ世界一周
Chillaxです。
動物大好き派遣OL
名前の由来は"Chill out" と"Relax"を足した"究極の癒し"という意味(勝手に作った造語)です。
可愛い動物に癒されたい!!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。