スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P.E.I ★2日目の朝

2006年6月27日 くもりのち晴れ

8:28 朝食は8時半スタートなので、ダイニングルームがある1階へ

泊まった部屋は2階でした(廊下)
PEIのホテルの廊下
客室は全部で3部屋、全部2階にあるみたいです


1階に下りると玄関ルーム(奥に見えるのがダイニングルーム)
PEIのホテルの玄関ルーム


玄関ルームの左側にTVルーム(写真ボケボケで、すみません)
PEIのホテルのTVルーム

PEIのホテルのTVルーム2



こーゆー暖炉が普通ににあるのって新鮮
PEIのホテルのTVルーム3


ダイニングルームに行くと…
PEIのホテルのダイニングルーム
(またまた写真ボケボケで、すみません)
可愛い部屋に朝食が用意されてた。
PEIの朝食27日


久々の ちゃんとしたゴハーーーーン

お腹空いてたから超~よくばっちゃった

トースト2枚(バター、イチゴジャム たっぷり)
メロン
イチゴ
ブルーベリー
チェリー
ヨーグルト
マフィンみたいなパンで出来たお菓子
オレンジジュース
紅茶

おかわり自由だし、いっぱい食べたら お腹いっぱいになっちゃって、シリアルが食べられなかった

毎日ずっっっっとパンだから、明日はシリアルにしよっとヾ(´∀`*)ノ


そろそろ、赤毛のアンツアーのバスが迎えにくる時間だ

9:26 ツアーバスの到着待ちでーーす

可愛いベットの上で気分はルンルン♪
PEIの部屋で
宿が可愛くてキレイってだけで、テンションあがるっ

次の日記へ←クリックすると(赤毛のアン1日ツアー)のページへ飛びます。
スポンサーサイト

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

ケベック出発★今夜はバス泊

2006年6月25日 晴れ


22:00 バスディーポに到着

夜だからか人が少なくて寂しい。。。

ロッカーから荷物を出して、バスディーポで出発まで3時間ほどヒマ潰し予定。

バスディーポ内のカフェやお店もしまってるし受け付けもしまっちゃって少し心細い。。

出発は夜中だし、一人だし恐いよ~って思ってたけど
バスディーポの中にはファミリー連れや小さな子がいる親子や80歳くらいの おばあちゃんがいて、ちょっと安心

これから2回バスを乗り換えて赤毛のアンで有名な
プリンス・エドワード・アイランド
ってゆう小さな島、略してPEIに行きます。

24:45 定刻から15分遅れでオルレアン・エクスプレスにてケベックシティを出発


3:50 リヴィエール・ドゥ・ループ到着

気持ちよく眠っていると何故か起こされた、辺りは まだまだ真っ暗、乗客みんなバスを降ろされる。

なんでまた こんな夜中に!

なんでもオルレアン・エクスプレスで行けるのはココまでらしい。
こっからはアカディアンラインズに乗り換えなんだってーー。

アカディアンラインズのスケジュールHP←クリックするとリンク先に飛びます

目が覚めちゃったし、もう一回寝れるかな…ってな心配をよそに ぐっすり寝てしまったw

13:00 モンクトン到着 乗換えです。

運転手に何度も確認して、無事にシャーロットタウン行きのバスに乗り換え(引き続きアカディアンラインズ)

15:07 プリンス・エドワード・アイランドに渡る為に橋の上を走行中
PEIに行く端の上

橋の上からの景色
PEI橋からの景色
この橋を通るのに通行料ってのをバスに乗る前に別途支払った。

16:50 PEIの首都、シャーロットタウン到着

移動時間:約16時間

モントリオールからシャーロットタウンまでのバスの路線図
東部バス路線図*もっとデカイ画面でみたい人は下のリンク先へ
ココをクリック

まずはバスディーポで、次に行く予定の街(ハリファックス)のスケジュール表をもらい
次は宿を探すためにダウンタウンの観光案内所へ行くことにした。


バスディーポを出るとすぐにタクシー発見

おじちゃんに話しかけてみた。

私 「ダウンタウンまでいくら?観光案内所まで行きたい」

おじちゃん 「ホテルでも探してるの?見つけてあげるから乗りなよ」

おじちゃんが とても良い人そーだったから乗ってみた。

私 「ダウンタウンから近くて安いホテルがイイ」

おじちゃん 「OK!まかせて~♪」

車で数分走ると、一軒の可愛い家の前へ
PEIのB&B
偶然にも地球の歩き方に載ってるホテルの中で、一番安いB&B(朝食付きホテル)だった。

おじちゃんがオーナーさんと部屋に空きがあるか交渉してくれている。

ダウンタウンまで歩いて行けるし、自分の宿泊予算的には高いけど、空き部屋があるって言うから即OKした

おじちゃんにチップ込みで10ドル払おうとしたら「多すぎるよ」って4ドル返してくれた。

おじちゃん、ありがとう

17:30 チェックイン

部屋の中、めっちゃラブリー
ベットも大きくてキルトのカバーで可愛い
PEIのB&B2

PEIのB&B4

PEIのB&B3
最高です

お風呂もキレイだし、よしよし



ホテル名 Spillett House
URL ←B&BのHP(英語サイト)だよ

1 person
1泊 $50
7泊 $325

2 people
1泊 $60
7泊 $400




さっそくダウンタウンまで行って図書館のパソコン(無料)を使ってメールチェックしたよ。

夕飯は図書館の前にあったSUBWAYで、やっぱりココもサイドメニューはクッキー&マフィン&ポテチのみか…(_ _|||)

明日は予約していた「赤毛のアンツアー」に参加♪
楽しみ~

------------------------------------------------------
橋代               2.30 CA ドル
タクシー             6.00 CA ドル
宿 3泊(朝食付き)       165.00 CA ドル
夕飯(SUBWAY)        5.85 CA ドル
------------------------------------------------------

次の日記へ←クリックすると翌日のページへ飛びます。

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

ケベック最終日

2006年6月25日 晴れ

今日で大好きなケベックともバイバイです。
可愛らしいケベックシティの町並みにすっかりハマってしまった

お祭りムードに流されて、ちゃっかり
「J  Quebec」Tシャツまで購入(≧∇≦)キャー♪
ケベックでTシャツ購入記念

朝ホテルをチェックアウトして、バスディーポに大きなバックパックなどの荷物を預けてから
切手が欲しくて郵便局へ向かったが、日曜日で閉まってたΣ( ̄ロ ̄lll)
(その後、お土産屋さんで無事に切手買えました)


バスディーポ近くのスーパーで明日の朝食を購入してからブラブラ散歩

スーパーの前の柱に描かれてた絵
ケベックシティの壁

ケベックシティの壁2


旧市街の建物に描かれた絵
ケベックシティの壁3


そういえば新市街に行ってなかったから行ってみたけど、旧市街とは全然違って
超~近代的オフィスビルみたいなのが沢山あって
あまり見所がなく旧市街のアッパータウンをフラつきに行くことにした

サン・ルイ門
ケベックシティのサン・ルイ門

ケベックシティの陽気なおじちゃん


日本食のレストラン発見でも、よーーーくみたらJAPONになってる
フランス語だからかぁ~
ケベックシティで見た日本


シャトーフロントナック・ホテル横のセントローレンス川が見える公園で、のんびり本を読んで休憩。
ケベックシティの公園からみたセントローレンス川

16:50  セントローレンス川近くのボードウォークで、川を眺めながらのんびり休憩。
BGMはNE-YO
ケベックシティのボードウォーク
今の自分めっちゃ優雅だわ~
忙しかった日本の生活が信じられない
こんな、のんびりした街でヒマを もて遊ぶなんて贅沢すぎる



19:00 再び、フラフラ散歩してると お気に入りのクレープ屋さんの前に辿り着いて
いつもは行列なのに空いてたから入ってみることにした

今日はタマゴ+ハム+ベーコン+トマトソースを選択

食後に広場に行くと、昨日まで普通に入れたのに
今日はなぜか、策があって中に入れなくなってた(・ε・`*) ...

19:30 DJがPlayしてたので、策の外で立ち見してたら
全然知らない人が中に入れるチケットをタダでくれた♪ヽ(*´∀`)ノ
ケベックシティのDJ

20:30 DJが終わると今度はマジックや お笑いのコントが始まった

フランス語がさっぱり理解できず、周囲は爆笑の中ひとり笑えず…退散。

21:00 アッパー、ロウアーと旧市街を散歩

夕暮れ時のセントローレンス川
ケベックシティの夕暮れのセントローレンス


プチ・シャンプランの夜景はすごくキレイだった
ケベックシティのプチシャンプラン夜景

ケベックシティのプチシャンプランの夜景2


小腹が空いた~

ファーストフードの「SUBWAY」発見
フライドポテトでも買~おって思ったけど、日本みたいにサイドメニューのチキンやポテトが無ーーい(>д<;)

あったのは、ポテトチップスとクッキー
そーゆう気分じゃなかったから、オレンジジュースだけ買った。

21:30 夜中出発のバスに乗る為、そろそろバスディーポに戻ることにしました。

今日はバス泊だぁーーーーーーーー

-------------------------------------------------
市バス                2.50 CA ドル
切手                 1.71 CA ドル
ロッカー               2.00 CA ドル
おやつ&明日の朝食のパン   5.02 CA ドル
アイスクリーム           3.00 CA ドル
夕飯(クレープ屋)         8.48 CA ドル
オレンジジュース         1.71 CA ドル
-------------------------------------------------

次の日記へ←クリックすると(ケベック出発★今夜はバス泊)のページへ飛びます。

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

世界遺産の町ケベック2日目

2006年6月24日 晴れ

朝シャワーを浴び、部屋でネットしようと思ったら無線LANが飛んでないのでネットが出来そうな棟へ行ってみたけどダメだった。

部屋に戻り、次に行く町(シャーロットタウン)で何をするか考える。

地球の歩き方に乗ってた「赤毛のアン ツアー」に電話して予約を入れた。

ネットが使えないからやっぱりホテルは向こうに着いてから決めるしかなさそうだ。


800番の市バスでダウンタウンまで行って、乗換えをして旧市街地へ

ケベックシティの旧市街は城壁で囲まれた世界遺産です


旧市街はアッパータウンとロウアータウンに分かれています。

12:00 地球の歩き方を片手に見て周るけど 町の標識がフランス語で良くわかんないけど、ロウアー→アッパーと適当にフラフラしてみた。

ロウワ-・タウンの町並み

↓作りがヨーロッパ的~(行ったことないけど)
ケベックのロウアータウン2
↓上に見える緑の屋根が有名なホテルシャト-・フロントナック
ケベックのロウアータウン
ケベックのロウアータウン3
↓プチシャンプラン通り
プチシャンプラン通り
↓階段を下りて進むとオシャレな店がいっぱい
プチシャンプラン通り2
↓プチ・シャンプラン通りの端っらへんにある壁画
ケベックのロウアータウン5

↓フェニキュラ-(ケ-ブルカ-)でアッパー・タウンへ行けます。
私は乗らなかったけど。。
ケベックのロウアータウン6
ケベックのロウアータウン4
アッパ-・タウンの乗り場はシャト-・フロントナックホテルのすぐ横。
ロウワータウンの乗り場はプチ・シャンプラン地区の入口
1.50 C$

↓セントローレンス川が見えます
ケベックのロウアータウン7
↓壁に描かれたフレスコ画
ケベックのロウアータウン8

↓ロワイヤル広場
ケベックのロウアータウン9
↓広場に「勝利のノートルダム教会」があります
ケベックのロウアータウン10
ケベックのノートルダム大聖堂3
ケベックのノートルダム大聖堂
ケベックのノートルダム大聖堂2
ケベックのノートルダム大聖堂4


13:30 アッパータウンの町並み

これまたヨーロッパ的
画像 036
画像 046

↓「フェアモント・ル・シャトー・フロントナック」
エリザベス女王が泊まるような超高級ホテル
ケベックのアッパータウン
↓シャトー・フロンテナックの横?裏?にある散歩道、テラス・デュフラン
ケベックのアッパータウン2
↓サン・ルイ通り(Rue St-Louis)、昨日行ったクレープ屋さんがある通りです。
ここはメインストリートです。
ケベックのアッパータウン3
ケベックのアッパータウン4

14:00 お腹が空いたので、昨日のクレープ屋さんの斜め前あたりにあるパン屋さんのカフェでクロワッサンと あんずパンを購入。

クレープ屋さんは今日も行列ができてた。


画像 043
画像 042

今日はQuebec day本番

昨日にも増して町が お祭りムード全開

スーパーに寄って、今日の夕飯を購入

15:30 帰宿 

昨日の帰りの悲劇を思って、今日は早めにホテルに帰ってきました。

20:00 一人部屋だし ゆっくり英語の勉強でもしようと思ったら寝ちゃって起きたら20時だった!

地下のキッチンへ行ったら、昨日トイレの場所を教えてくれた人が またゴハン作ってた。
私も料理しようと思ったけど調理器具や皿が無いことに今更気がついた

彼に聞いたら全部貸してくれた。

彼はアフリカから来てて、この大学の学生さんなんだって。

今日の夕飯は野菜のコンソメスープとパン2個
逕サ蜒・009_convert_20090322195229

21:00 ホテルの窓からの景色(この敷地、全部この大学)
ケベックの部屋からの景色

外では花火の音が聞こえる

---------------------------------------------------
市バス往復                     5.00 CAドル
Tシャツ                       14.94 CAドル
お昼(パン2個)                  4.08 CAドル
夕飯(野菜、パン)                 3.34 CAドル
水                          1.25 CAドル
---------------------------------------------------

次の日記へ←クリックすると翌日(ケベック最終日)のページへ飛びます。

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

ケベックのホテル

今回ケベックシティのユースホステルが満室で予約ができなかった。

オタワのユースホステルで知り合ったマコト君が「今、ケベックシティはホテルの予約できないらしーよ」って言うのは ジャズフェスティバルでもF1でも無く「Quebec day」で小さな町に人が集まり、町全体がお祭りムードのせいだったのね~

で、ケベックシティでは何処に泊まったかと言うと
「UNIVERSITE LAVAL」
ケベックのホテル外観2
ここは大学の学生寮です

1663年設立された、カナダで最も歴史のある大学。
学生の夏期休暇の間のみ、一般開放されている宿泊施設なのです。

オタワのYHで受付のスタッフさんが探して予約してくれました。

ここは、とにかく敷地内にたくさ~んの棟があって、受付のある棟からアタシが宿泊する棟までが遠かった

あたしの泊まった棟
ケベックのホテル外観3
部屋の中、2つベッドがありました
ケベックのホテル
廊下(一番端っこの角部屋でした)
ケベックのホテル中
1Fのロビー
ケベックのホテル玄関
キッチン
ケベックのホテルキッチン

グレハンのバスディーポ&VIA鉄道駅からは市内バス 800番に乗って だいたい30分くらい。

乗るバスさえ間違えなければ、地図がなくても簡単にたどり着けました。

いままで旅してきた場所はグレハンのバスディーポから歩ける距離やバスで10分以内だったのですんごく遠く感じたー

でも、この町の人の多さで、宿を取れたことに奇跡を感じました

この旅始まっての初一人部屋だし、キレイだし 文句ないでしょ~

バス停から受付の棟が近い

旧市街までバスで約15分

駐車場無料

受付OPEN 24h a day, 7 days a week.

ランドリー有り

各部屋に洗面台有り

各部屋に電話有り(市内通話は無料)

キッチン有り(ただし調理器具や皿はなし、棚にあっても学生の私有物なので鍵が掛かってる、運よければ学生さんに借りれる…かも)

一泊 26.50 C$ ~
クレジットカード使用可(マスター、VISA、インタラック)

Local 1618
Pavillon Alphonse-Marie Parent
Universite Laval
Quebec G1K 7P4

418-656-5632(スタッフさんは英語を話せました)

URL
http://www.residences.ulaval.ca/choisir_les_residences/english_information/(基本フランス語)

-----------------------------------------------
2泊    73.62 CA ドル
(2人部屋しか空いてなかったので) 
-----------------------------------------------

次の日記へ←クリックすると次の日のページへ飛びます

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

Quebec(ケベック)到着

前回の日記のつづき  2006年6月23日 ケベック 晴れ

17:30頃 ケベックシティ到着

まずバスディーポの受付で、シャーロットタウン行き(3日後に行く予定の町)のバスの時刻表をもらいに行く。
*前に説明したけど、オタワより東はグレハンは走ってません、でもグレハンのバスパスは種類によっては使える。
なので、アカディアン ラインズ(バス)の時刻表が欲しかったのです。


時刻表も手に入り、外に出てみる

ケベックシティのバスディーポ&VIA鉄道駅
ケベックシティの駅

長時間バスに居たので早く宿に行きたい!

でも宿までの地図も無く、手がかりは”宿の名前とバスの番号”のみ

人に聞きまくって なんとかバス停に到着→降りる場所も運転手さんに教えてもらった。

降りたはいいが、今度はどこに行けばいいのか分からず スーツケースを持った旅行者風のカップルも同じバス停で降りたので、彼らについて行くとホテルらしき建物を発見、さっそくチェックイン。


さっきもらったアカディアン・ラインズの時刻表を見るとシャーロットタウン行きで朝着の便が見当たらない

ホテルを予約してないから なるべく午前中には着きたいので、もう一度バスディーポで朝着便が無いか聞きに行きたい。

でもダウンタウン遠いんだよな…疲れてるし…今日は もうあきらめようかな

いやいや、お腹すいたし ケベックに来たなら絶対食べたいクレープがあるので やっぱりダウンタウンまで戻る!

18:30 再びバスディーポへ

シャーロットタウン行きで朝着は無かったけど、昼過ぎ到着便があると判明して一安心

ダウンタウンを散歩
ケベックの町

ケベックの町2
おやおやなんだか町は お祭り騒ぎ

ワールドカップで盛り上がってるのかと思ったら
明日はケベックの誕生日「Quebec Day」だから 今日は前夜祭なんだって
ケベックの町3

ケベックの町4
ものすごい人だらけ~

20:00頃 友達のオススメ Rue St-Jean沿いにあるクレープ屋さん「Casse-Crepe Breton」も入るのに40分も並んじゃったよ
ケベックのクレープ屋さん外観
ケベックのクレープ屋さんのスタッフ
カウンター席とテーブル席があって、私は一人だからカウンターに案内されました。

好きな具を選んでオーダーする流れです。
お店のオススメ組み合わせからも選べたよ。

アスパラ+ベーコン+チーズ
ケベックのクレープ
キャロットスープ
ケベックのクレープ屋さんのキャロットスープ

最後のお会計の時にcash以外で支払う場合
(クレジットカードやデビットカードとか)
チップ代をいくらにするか、レジで聞かれるんだけど、自分でレジの人に伝えるのって嫌だったよー

接客してくれた本人を目の前にして「チップ代は●ドルで」とか言うんだよ?!
だって少なすぎないかなぁ、とか超気になったし。

でも おいしかったからOK


今日は夜遅くても町が にぎやかで楽しいぃ~
ケベックの町5
ケベックの町8
広場ではライブがやってました
↓こちらフランス語ラップ
ケベックのライブ
↓こちらよくわかんないけど、なんか。
ケベックのライブ2

22:20頃 そろそろ宿に帰ろうかと思いバス停へ
。。。待っててもバスが来ない

ブー!('ε'*)

そして、やっとバスが来たーーーm(;∇;)m うれしすぎるっ!


と思っても満車状態でスルー
(いっぱいで乗れないから停まってくれない)

ブー!ブー!('ε'*)

一時間以上経過…

ブー!ブー!ブー!('ε'*)

待っても待ってもスルースルースルー

時刻は もうすぐ0時

4回スルーされた時点で、バスで帰るのをあきらめた

同じバス停に居た お兄さんに「Universite LAVAL(ホテルの名前)」まで歩いたら遠いか聞いてみると

兄さん「1時間くらいかかるよ」

私「……Thank you」

しょうがないけど歩いて帰ることに。

テクテク歩いてると次のバス停までやってきた

どーせ待っても来ないから通りすぎようとしたらバスがやって来た、そして、なんとバス停で停まったっ

ラッキー

酔っ払いばっかりの車内(奇声だす人、窓を叩きまくって暴れる人、とにかく騒ぐ人達)

バスの中も お祭り状態でした。

とにかく町全体が すごい事になってた。
でも楽しかった

朝はオタワに居たのが信じられないくらい長い長~い一日が終わった

--------------------------------------
市バス(片道のみ)      2.50 CA ドル
市バス(往復)        5.00 CA ドル
夕飯 チップ込(クレープ)  8.48 CA ドル
絵ハガキ           0.86 CA セント
--------------------------------------

次回の日記へ ←クリックすると次のページへ飛びます。

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

Montreal(モントリオール)到着

前回の日記のつづき   2006年6月23日 モントリオール くもり

11:01 モントリオール到着

私は、これからバスに乗ってケベックシティに行きたいのです。
ケベック州


VIA鉄道のセントラル駅構内は広かった。
モントリオールに降り立ったら本当にどこ行っていいのか超まよった!
モントリオールのセントラル駅


こっから何処でどのバスに乗るのかサッパリわかんない!

11:10 チケットカウンターらしきものが見えたので、ここでケベックシティまでのバス乗り場を聞いた。
セントラル駅のチケットカウンター

セントラル駅構内の何処かにあると思ってたら、バスターミナルは別の場所で地下鉄に乗るそうです。

まず、地下鉄の場所探し

11:25 人に聞きまくってVIAのセントラル駅から歩いて15分くらいでボナベンチャー駅に到着(迷ったから時間かかった)

バスターミナルまで行きたいと言うとオレンジラインに乗ってベリー・ウカン駅で降りるように言われた。
モントリオール地下鉄map

切符の買い方を人に聞き購入

無事、改札を抜けて 今度は どっちのホームだ?!
モントリオール地下鉄の改札

どの列車に乗るのか不安になりつつ乗車
モントリオールのボナベンチャー駅ホーム

フランス語が分からない為、"乗った駅から4番目で降りる"一個一個 駅を数えてました。

不安と緊張とは裏腹に案外簡単に10分くらいで目的地のベリー・ウカン駅まで着いちゃった。

でも、ここからバスターミナルまで どーやって行くのさ キョロ (゚ρ゚≡゚ρ゚) キョロ

地下にいたら分からないので、地上に出てみることにした。

地上に出てすぐ人に聞いてみると なんとすぐ後ろの建物だった。
後ろを振り返ると茶色いビルが…
モントリオールのバスターミナル
この外観じゃパッと見バスターミナルって気がつかないよ~

11:50 バスターミナル到着

中に入ると人がいっっっぱい居た!

★★ここで注意★★
グレハンで行ける東部の街はオタワまで。

私はグレハンのディスカバリーパスを持っているので、そこから先(東)は、グレハンと提携してる長距離バスを無料で利用できます。

利用できるのは

①「ボヤジェール・コロニアル」
②「オルレアンエクスプレス」
③「アカディアンラインズ」

です。


モントリオールからケベックシティまでは②の「オルレアンエクスプレス」を利用します。
★★以上★★



いままではバスに乗るときに運転手にディスカバリーパスを見せて行き先を告げるだけでOKだったのに、ここからはチケットカウンターでディスカバリーパスを見せて他のチケットを発券する必要があるそうです。

さっそくチケットカウンターに行くと、めっちゃ並んでるー

ケベックシティ行きのゲートだけ、ものすごい行列

でも約1時間おきにバスが出てるので、乗れなかったら次を待とうと思ってたら、臨時便を出してくれたみたいで、希望の時間帯に乗れました

オルレアンエクスプレスの時刻表など
http://www.orleansexpress.com/search.aspx


当然ながら席は満席、初めて2席キープ出来なかった
でも3時間のガマンだからOK

そしてバスはモントリオールを出発

次回の日記へ続く←クリックすると翌日(Quebec到着)のページへ飛びます。

-----------------------------------------------------
モントリオール地下鉄(ボナベンチャー駅→ベリー・ウカン駅)

2.50 CA ドル
-----------------------------------------------------

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

オタワ出発

2006年6月23日 オタワ晴れ

オタワを離れます。

今日は、これからケベックシティーまでの大移動が待ち構えてるのです


まず、オタワ出発モントリオール到着(乗り換えの為、通過のみ)ケベックシティー到着予定

今回グレハンではなく「世界の車窓から」で有名なVIA鉄道に乗って、とりあえずモントリオールまで行き、そこからに乗り換えてケベックシティーまで行きます。

私の買ったグレイハウンドバスのディスカバリーパスは特定の区間(*)だけVIA鉄道に乗れるんです。

(*)どっちか片道1回のみ
トロント ⇔ モントリオール
オタワ ⇔ モントリオール



オタワはすごく観光しやすくて気に行った

泊まってた元刑務所ホテルはバス停が近くて、VIA鉄道の駅まで行くバス停もわかりやすかった。
オタワのYH外観


8:30 VIAオタワ駅 到着
オタワVIA駅

駅構内
オタワVIA駅構内

さすが英語とフランス語の街
オタワVIA駅構内2


切符売り場でグレハンのバスパスを見せて
行き先と乗車希望の時間を告げるとVIA鉄道の座席を予約してくれて、乗車券を発行してくれます。
オタワVIA駅チケットオフィス

今日中にケベックシティーまで行きたいので、朝早めのVIAに乗ることに。

9:15  VIA出発
VIA鉄道

VIA鉄道車内

心地よすぎて、少し寝ちゃった。
せっかくの「世界の車窓から」が台無し…

11:01  モントリオール到着

----------------------------------
市バス(オタワ)片道のみ  3.00 CA ドル
----------------------------------


次回の日記へ続く ←クリックすると続き(モントリオール到着)のページへ飛びます。

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

オタワ市内観光(午後)

前回の日記のつづき   2006年6月22日 はれ

12:30頃 チェックイン

ネットがしたくてPCを持って、ふたたびダウンタウンへ
オタワのダウンタウン6
図書館は遠そうだから、あきらめた。

持参のPCいじってる人達がいるカフェを発見
もしかして無線LAN飛んでるのでは?!って思って入ってみた。

無線LANは飛んでてもタダではないらしー


この街はどこ行ってもワイヤレスインターネットが有料!!
YHでもカフェでもパスワードを1時間4ドルくらいで買うの。
私はお金ないから買えない。

しょうがないから、カフェで甘い物でも食べて休憩です。


14:00頃 疲れたので、ネットはあきらめて YHへ戻る

そろそろWカップ放送が始まる時間、TVルームのソファで寝たり日記書いたりTV観たりしてくつろいだ。

サッカーが始まると、日本人らしき男の子がTVルームにやってきて隣のソファに座った。

彼の存在が気になるも話しかけられない
試合が終わるまで二人は会話ゼロ(笑)

試合が終わり、勇気をだして聞いてみた。

「Are you Japanese?」

もちろん日本人でした(心の中では「なんだぁ、もっと早くに話しかければ良かった」と後悔)
マコト君は、カナダのワーホリを終えて北米一周中、そして日本に帰国するそうです。

えっと、明日はもっと本格的なフランス語圏「ケベック」に行くんだけど、マコト君情報によると
今はジャズフェスティバルだかF1だかで人がいっぱいいるんだって。


そんで宿が予約しずらくなってるらしー
いま泊まってるYHの受付の人に頼むとケベックYHの予約を取ってくれるそうです。

さっそくお願いしに受付に行ってみた。

受付のお姉さんは英語とフランス語を交互に使い分け電話してくれた。

マコト君のゆーとおり、ケベックのYHはどこも満室で予約がとれないって言われてしまった
お姉さんが、YHじゃないけど他の安めの宿を探して予約してくれた。

お姉さんにホテルの名前とバスの番号だけ書かれたメモ用紙をもらった。
バスディーポに着いたら、そこから市バスに乗るよーにって言われたけど、地球の歩き方に行き方とか載ってないし、たどり着けるかな??

建物の表札も道路標識もフランス語みたいだけど、行くしかない!!


18:00頃 無事にケベックの宿も見つかったので、ダウンタウンのスーパーに買い物へ

ついでに道端でフリー無線LANをゲットして念願のネットができた。

19:30頃 YHへ戻る


キッチンで夕飯を食べてたら、ふたたびマコト君に会う。

その後、二人で夜のオタワを散歩しに行きました。

マコト君のオススメビュースポットに連れて行ってくれたけど、本当にキレイで最高でした!
国会議事堂ナイトビュー
オタワの国会議事堂ナイトビュー
女一人で夜の街を歩くのは恐かったから、マコトくんと一緒に行けて良かったぁ


今日は別々の韓国人の女の子に2回も「アンニョハセヨ!」って声かけられたw
韓国人っぽいのかな。


ひとくちメモ
オタワのtaxは高い
GST 10%
PST 12%


-----------------------------------------------------
カフェでスコーン               1.98 CA ドル
明日の朝食(パン)と水            2.29 CA ドル
-----------------------------------------------------

次の日記へ ←クリックすると翌日(オタワ出発)のページへ飛びます。

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

オタワ市内観光(午前)

前回の日記のつづき   2006年6月22日 はれ


ここは英語とフランス語が飛び交う街、ほとんどの人がバイリンガルって感じの都会だなぁ~

まず最初に「ボンジュール」って話しかけられる、「ハーイとかハロー」って返すと英語で喋ってくれる感じ!

ここで産まれれば自然と2ヶ国語がしゃべれるんだから羨ましいよね

お腹が空いたので食事しにさっそくダウンタウンへ

これは確かホテルだった気がする…
オタワのダウンタウン

Timを発見、軽く朝食

リドー運河
オタワのリドー運河

国会議事堂
オタワの国会議事堂
オタワの国会議事堂をリドー運河から
国会議事堂の無料ツアーに参加
ここの白いテントの中にツアー申し込みデスクがあります
オタワツアー申し込み場所1
オタワツアー申し込み場所2
英語ツアーorフランス語ツアーの2種類から選べます。

整理券をもらうので、整理券に書かれてる時間がくるまでベンチで待機。

1グループ15人くらいでツアー開始。
ガイドのお兄さんが一生懸命説明してくれるも、英語がまっーーーたくわかりましぇーん
オタワの国会議事堂ツアー
オタワの国会議事堂ツアー2
天井のステンドグラス
オタワの国会議事堂ツアー3
オタワの国会議事堂ツアー4

国会議事堂を離れて、次の目的地へ

こんな道をテクテク歩いていく
町並みがヨーロッパっぽくてカナダじゃないみたい。
オタワのダウンタウン3
オタワの街①
オタワのダウンタウン4
すると…
ノートルダム聖堂
オタワのノートルダム大聖堂
中に入ると…
オタワのノートルダム大聖堂2
オタワのノートルダム大聖堂3
オタワのノートルダム大聖堂4
オタワのノートルダム大聖堂6
窓には…
オタワのノートルダム大聖堂5
オタワのノートルダム大聖堂7


美術館
オタワの美術館前


12:30頃  チェックインしにYHへ一度戻る

次回の日記(オタワ市内観光(午後))へつづく…
↑クリックすると次のページへ飛びます

-----------------------------------------------------
朝食(Timでアイスティーとカレーサンド)    5.93 CA ドル
切手                          1.71 CA ドル
絵ハガキ                        0.68 CA セント
-----------------------------------------------------

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

Ottawa(オタワ)到着

2006年6月22日 晴れ

スーセントマリー 夜19:30出発  オタワ 朝7:30到着
オタワ地図
移動時間:約12時間 (乗り換え1回)

夜23:50 SUDBURYでバスの乗り換えで危うくバンクーバー行きに乗るところだった(゚o゚)ゲッ!!

今回のグレハン移動は夢までみるほど良く眠れた

朝7:30 OTTAWA 到着

まずは、楽しみにしていた、元刑務所を改装して作られたYH

実際に絞首刑台が残っててガイド付きの監獄ツアーまでやってたり
死刑囚の独房が実際に宿泊する部屋になってたりw|;゚ロ゚|w

せっかくオタワに来たのだから絶対に泊まってみたかったのです。

ガイドブック通りに市バスに乗ってみる
オタワは市バス料金が高くてびっくりだ

運転手さんに「リドーセンター」に着いたら教えてってお願いして、なんなくYHへ辿り着けた。
オタワYH
オタワYH2
HI-Ottawa Jail/オタワ・ジェイルYH
75 Nicholas St, Ottawa, Ontario, Canada
(613)235-2595

<グレイハウンドのバスディーポからの行き方>
バスディーポを出てCatherine St.を左へ
最初の角を左折してKent St.に入り、Kent St.とArlington St.の交差点から
ダウンタウン方面行き4番バス(平日15分、土日30分ごと)に乗車。
バスディーポからYHまでの地図 その1
オタワYHまでの地図1
バスディーポからYHまでの地図 その2
オタワYHまでの地図2
Nicholas St.とRideauの角で下車。
ニコラス通りを南へ2ブロック行った左手がYH。
約2km




外観
オタワYH3
廊下
オタワ部屋
部屋(自分が泊まった部屋は独房verじゃない所)
オタワ部屋2
キッチン
オタワYHキッチン
食事スペース
オタワYHのリビング

荷物を預けてダウンタウンへ お出かけ

次回につづく… ←クリックすると次のページへ飛びます

-------------------------------------------
YH1泊                     26.65 CA ドル
YHロッカー(チェックインまで預かり代)  1.00 CA ドル
市内バス片道のみ              3.00 CA ドル
-------------------------------------------

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

スーセントマリー市内観光

前回の日記のつづき


とりあえず、スーセントマリー運河をクルージングできるツアー
(Lock Tours Boat Cruise)に参加しようと観光案内所まで行ったけど天気が悪いからやめた。

港周りを散歩
スーセントマリーのダウンタウン
スーセントマリーのダウンタウン2
スーセントマリーのダウンタウン3
スーセントマリーのダウンタウン4


参加するはずだったクルーズ
スーセントマリーのダウンタウン5

VIA鉄道の発着地点
スーセントマリーのVIA発着地点

こんな天気じゃ町歩きもつまんないなー

ショッピングモールで暇つぶしでもするかぁ。

お昼も一人寂しくフードコートで済ます。

ショッピングモールで暇を潰すのも限界。
引き続き、シティホールの近くや公園を ぶらぶら散歩するけど、あまりにも寒い!

休憩しようと思いベンチ発見ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
スーセントマリーのダウンタウン6
座ろうと思って近づいたら 「フシャァァ!! 」って怒られた
スーセントマリーのダウンタウン7
親カモ?にイカクされベンチの近くにさえ行けなかった

ここはあきらめ、他の休憩ポイントを探す。

15:00頃 バスディーポの近くに図書館を発見

荷物をロッカーから出し図書館に行き、メールの返信やミクシーや次の町の情報収集をした。
(無線LANあり、無料)

18:00頃 バスディーポの隣にあるTim Hortons(カナダで有名なドーナツ屋)で夕飯。

スープ/BLTサンド/アイスティー
スーセントマリーのTim
セットメニューが思ったより高くてショーック

でも、ここで19時まで暇をつぶそう

あと1時間

もう少ししたら又グレハンに11時間ほどゆられて
次はカナダの首都オタワへ行きます!

そーいえば、バスティーポの受付の人が親切じゃなかった、なんか冷たい

ここの運転手も大嫌い

グレハンは乗り込む時にバスパス(チケット)を運転手にみせて行き先を告げるんだけど

バスパスを見せたら「フンッ!」ってにらまれた(`ε´)

観光案内所の お兄さんは超~いい人だったのに。

*ちなみにグレハンのバスの中は夏だというのに激寒だから要注意!

では、またねー

スーセントマリー 
(バンクーバーとの時差+3時間、ちょっとづつ日本に近づいてるね)

-----------------------------------------------------
ロッカー            2.00 CA ドル
ランチ(フードコートで)   5.40 CA ドル
夕飯(Timで)         7.46 CA ドル
水                1.34 CA ドル
-----------------------------------------------------

次の日の日記へ ←クリックすると次のページへ飛びます

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

プロフィール

Chillax@めざせ世界一周

Author:Chillax@めざせ世界一周
Chillaxです。
動物大好き派遣OL
名前の由来は"Chill out" と"Relax"を足した"究極の癒し"という意味(勝手に作った造語)です。
可愛い動物に癒されたい!!

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。